<郵便不正事件>副検事が出廷、信用性を主張…大阪地裁(毎日新聞)

懸賞 2010年 03月 23日 懸賞

 郵便不正事件で、虚偽有印公文書作成・同行使罪に問われた厚生労働省元局長、村木厚子被告(54)の第14回公判が18日、大阪地裁であり、取り調べを担当した検察官の証人尋問が始まった。障害者団体「凜(りん)の会」代表、倉沢邦夫被告(74)を調べた大阪地検の坂口英雄副検事(51)が出廷。「倉沢被告が『課長(村木被告)らにあいさつして、正規手続きを経ずに証明書を発行してもらった』と自ら打ち明けた」と述べ、捜査段階の供述の信用性と村木被告の関与を主張した。

 これまでの公判で、村木被告の指示を認める供述調書に署名した厚労省職員らは、証人尋問で「指示はなかった」「調書はでっち上げ」などと調書を否定する証言を繰り返している。また倉沢被告は公判で、村木被告から偽証明書を厚労省の部屋で受け取ったことは認めたものの、受取日については、手帳を見ながら「見当たらない」と発言。受け取りの際、村木被告から「何とかご希望に沿う結果にしました」と言われたとする検察側主張についても、否定していた。

 これに対し、坂口副検事はこの日の公判で「倉沢被告は『会話はあった』と言っていたので、記憶を喚起しながら聞き出した」と証言。適正な捜査だったと主張した。

 一方、坂口副検事は尋問の中で、検察側が関係者の供述内容を記した取り調べメモをすべて廃棄したことを明かした。【日野行介】

【関連ニュース】
郵便不正:元局長の部下が出廷 「記憶にない」と証言
郵便不正:障害者団体の元幹部、起訴内容認める
郵便不正事件:枝野行政刷新相「検察の間違いの疑い濃厚」
郵便不正:別の元部下も否定 大阪地裁
郵便不正:石井一参院議員、関与を否定 証人出廷

<JR不採用>「取り扱い、月内に結論」国交相(毎日新聞)
囲碁 飛田さんが女流アマ選手権初優勝(毎日新聞)
強風 足場が倒壊、けが人はなし 京都の阪神高速建設現場(毎日新聞)
<たまゆら火災>彩経会のNPO法人認証取り消し 群馬県(毎日新聞)
報道陣に公開 大阪・堺に西日本初のサッカー・トレセン 育て日本代表(産経新聞)
[PR]

# by 1v2xwdjvla | 2010-03-23 18:39

強盗殺人罪、男に無期懲役=仮釈放で慎重運用要請−裁判員「評議、重い空気」・長野(時事通信)

懸賞 2010年 03月 19日 懸賞

 長野県上田市の会社役員を殺害し、預金を引き出したとして、強盗殺人罪などに問われた鉄工所経営朝倉利明被告(50)の裁判員裁判で、長野地裁(土屋靖之裁判長)は18日、求刑通り無期懲役の判決を言い渡した。
 判決は「殺害方法は冷酷かつ残虐。遺体は産業廃棄物とともに埋められた。人格の尊厳を踏みにじる行為」と非難した。言い渡し後、土屋裁判長は「被告の刑事責任は極めて重く、その反省も十分とは言えない。被告に対する仮釈放の運用には相当慎重な配慮が必要」と述べた。
 判決後に会見した50代の男性は「(審理と評議は)深呼吸もできず、張り詰めて重い空気だった。何の罪もない被害者と残された遺族の悲しみを主に考えた」と話した。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
女性暴行6件、男に無期懲役=闇サイトで仲間、裁判員裁判
元Jリーガーを不起訴=少女わいせつ「事実なし」
長男殺害の男、二審も懲役12年=一審裁判員判決を支持
「強盗強姦罪成立しない」と上告=裁判員裁判初の性犯罪

「暴力団会長と兄弟分じゃ」 入院費を恐喝しようとした男逮捕 東京・竹ノ塚駅(産経新聞)
乳幼児殺傷、懲役22年確定へ=犯行時心神耗弱−最高裁(時事通信)
高校無償化 朝鮮学校、一転適用へ 教科書は金総書記の決裁必要(産経新聞)
主観的理由、規制せず 2次元児童ポルノ 都が緊急見解(産経新聞)
<地下鉄サリン>遺族が関係者取材、映像に 20日で15年(毎日新聞)
[PR]

# by 1v2xwdjvla | 2010-03-19 10:50

業績悪化でお花見も自粛 宴会なし、予算カット企業が増加(産経新聞)

懸賞 2010年 03月 17日 懸賞

 「業績悪化で花見も自粛」。09年秋のリーマンショックを境に、会社としての花見を自粛したり、花見の宴会予算も減らす企業が増えていることが、楽天リサーチの調査で分かった。都内でも近く開花が予想されているが、今年も寂しいお花見シーズンとなりそうだ。

 調査は今月5〜8日に全国の20〜69歳の男女1000人を対象に実施。リーマン・ショック前の08年春と、ショック後の09年春の花見について聞いた。

 それによると、09年に花見に行った人は全体の62・3%。そのうち「宴会をしないで、眺めるだけの人」は62・9%を占め、前年よりも3・7ポイント上昇した。

 宴会をした人でも、1回あたりの平均予算は前年比82円減の2608円に減少した。

 勤め先や接待など仕事上の花見について聞いたところ、09年は、「行っていない」が前年比9.0ポイント上昇の33.8%と3分の1を占めた。「回数が減少した」も21・2%で、「自粛ムードになった」「食べ物、飲み物の質が下がった」は、それぞれ10・0%だった。これに対し、「花見をして士気をあげる」との回答は、わずか3.9%にとどまった。

 楽天リサーチでは「経費節減のため不要な接待は自粛する動きが広がり、花見にも影響している」と分析している。

【関連記事】
集中回答へ トヨタの一時金は「満額割れ」で決着
元IBM営業マンが手を染めた禁断の“赤黒転換”
定昇確保、一時金で攻防 業績改善の評価 労使に隔たり
七転八起「命あればこそ」 話題のたこ焼き屋さん
量販店乱立 「安さ爆発」さくらや最後の営業
20年後、日本はありますか?

「越山会の女王」佐藤昭子さん死去(読売新聞)
<皇太子さま>ガーナとケニアから帰国 愛子さま姿見せず(毎日新聞)
うがい・AED…「何でも反対」北教組中央委(読売新聞)
鳩山邦夫氏、与謝野・舛添氏との連携に意欲(読売新聞)
一票の格差「憲法上好ましいものではない」 東京高裁 (産経新聞)
[PR]

# by 1v2xwdjvla | 2010-03-17 20:01

青い目の議員たち 日本国籍で得た重き一票(産経新聞)

懸賞 2010年 03月 16日 懸賞

【2030年】第5部 日本はありますか(4)

 カナダの農村で生まれ育った金髪の男性が、茨城県つくば市議会の本会議場に座っていた。ヘイズジョン市議(47)。平成19年に日本国籍を取得し翌20年10月に初当選を果たした。全国で3人目といわれる欧米出身の地方議員である。

 英語が頻繁に交じる日本語で「この1年4カ月、ものすごく面白い。まだ議員としてエフェクティブ(有効)ではない。まだ勉強中。20年後もつくばで暮らして、当選できるなら議員を続けていたい」。

 ヘイズさんはカナダ南部にある人口144人の小村の出身。28歳だった1991(平成3)年、「英語教師になりたい」と来日した。英会話教師をへて飲食店やOA関連の貿易会社などを経営。議員を志したきっかけは、飲酒運転の取り締まりが厳しくなり、店の売り上げが激減したことだったという。

 「警察の前で『営業妨害だ』とデモをしたかったが、それよりも飲食店を応援する議員になろうと思った。飲酒運転を防ぐ政策に取り組みたいと思った」

 議員活動で接する膨大な文書は胸ポケットに入れた携帯電話アイフォーンの辞書ソフトを頼りに読む。議長へ提出する質問通告書などは英語で書き、製薬会社に勤める日本人の妻(35)に訳してもらう。

 「ヨーサン(予算)を見て、字は全部読めるが、そのバックストーリー(背景)までは分からない。でも『ファイア・トラック(消防車)4千万円』とかが分かったら、あとは賛成か反対かだけですから」

 無所属で出馬した市議選では自転車で支持を訴え、4011票を得て40人中2位だった。

 ≪政治姿勢は「よそ者」≫

 永住外国人に地方参政権を付与する法案が政治日程に上ろうとしている。都道府県や市町村の首長と議員を選ぶ選挙権が想定されるが、全国に3万8千人いる地方議員の中には極めて少数ながら、ヘイズさんのほかにも日本国籍を取得し、議員に選ばれた人がいる。

 フィンランド出身で民主党のツルネンマルテイ参院議員(69)は平成4年、神奈川県湯河原町議に初当選して全国初の「青い目の議員」と呼ばれた。

 初の欧米出身国会議員でもあるツルネンさんは参院議員会館で和服姿で取材に応じ「私の政治姿勢はある意味で『よそ者』の立場。日本人が気づかなかったりしがらみで実行できなかったりしたことが、外国出身者ならできるのではないか。異なる目で街づくり、社会づくり、国づくりに貢献できるのではないか」。

 外国出身議員の登場で、実際に変化も現れている。国宝・犬山城で知られる愛知県犬山市の市議会で2年前、ある“事件”があった。市当局と議会のなれ合いで原案可決ばかりだった市長提出議案に初めて「付帯決議」がついたのだ。市が古民家を購入するにあたり使い道を明確にするよう求めたものだった。

 決議案を出したのは米ニューヨーク出身のビアンキアンソニー市議(51)。その半年後の議会では、ごみ袋有料化の市案が彼の追及で9年ぶりに継続審議となった。

 1989(平成元)年に英語講師として来日し、平成14年に日本国籍を取得した。翌年の市議選に無所属で立候補、3302票でトップ当選し、ツルネンさんに続き2人目といわれる欧米出身の地方議員になった。

 城下町の古い町並みの中にある事務所を訪ねると、現在2期目のビアンキさんは達者な日本語で「私がやっていることは本来、議員として当たり前のことばかりだと思います」。

 ≪民主国家を実感≫

 ビアンキさんは日本語の読み書きをこなし、質問通告書もパソコンを使い自身が書く。議会での活動ぶりも一日の長があるが、米国籍を捨て「日本人になるときは考え抜いた」という。

 「正直にいえば、最初の動機は選挙に出るためだった。でも国籍取得に費やした3年近くの間、何度も自問した。アメリカにいる母の顔が浮かんだ。日本人の妻と口論した。それでも私は犬山に暮らして、犬山の一市民として生きようと思った」

 中国人から日本人になった評論家、石平(せきへい)さん(48)。北京大学時代から民主化運動に身を投じ、1988(昭和63)年に日本へ留学した翌年、母国で起きた天安門事件に接して中華人民共和国との「精神的決別」を遂げた人物である。

 石さんは滞日20年目の平成19年、日本国籍を取得した。政権交代が起きた昨年8月30日の衆院選で、生涯初めての一票を投じた。

 正午ごろ、千葉市内の自宅を出て近くの小学校へ向かった。雨の中、傘も折れるほどの強風だった。投票所では家族連れの姿が多いことに驚き、厳粛な雰囲気に感じ入った。係員が丁寧に手続きを教えてくれ、意中の候補の名を書いた。

 石さんは「日本国民であれば年齢や地位、職業にかかわらず一票の権利を持ち意志を表明できる。投票所を出たあとは日本国民になったことを、民主国家に生きていることを実感した」と振り返り、こう語った。

 「大学2年で民主主義に目覚めてから28年たった今、私はやっと日本国民として、一人の人間として一票の権利を得た。政治的権利を行使したいならば、やはり日本国民になればいい。わが手にあるこの一票が、どんなに重いものであることか。どれほど大切な一票であることか」

【関連記事】
外国人が住む町 歩み寄りなく遠い「共生」
進むボーダーレス化 その瞳は、国境を超えて
二〇三〇年 監視カメラで囲まれた「ゲーテッドコミュニティー」
二〇三〇年 ヒルズ、老朽化の先は…
2030年に人口増加率ゼロ 中国
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

はさみで男性の首刺す=東京・渋谷、男が逃走(時事通信)
景気「着実に持ち直し」=8カ月ぶり上方修正−月例経済報告(時事通信)
振り込め詐欺グループに携帯 レンタル会社経営者ら再逮捕(産経新聞)
<鳩山邦夫氏>自民党に離党届を提出(毎日新聞)
京大、授業料免除5300人に拡大 独自予算「安心し勉強を」(産経新聞)
[PR]

# by 1v2xwdjvla | 2010-03-16 13:35

療養中の妻放置・衰弱死させた自衛官を懲戒免職(読売新聞)

懸賞 2010年 03月 11日 懸賞

 海上自衛隊呉地方総監部(広島県呉市)は10日、病気療養中の妻(当時39歳)を放置して衰弱死させ、保護責任者遺棄致死罪などで起訴された徳島県松茂町、徳島航空基地隊の山本久1等海曹(44)を懲戒免職処分にした。

 発表によると、山本1等海曹は昨年3月、自宅で寝たきり状態だった妻に十分な食事を与えずに死なせ、5月まで遺体を放置した。山本1等海曹については17〜19日に、徳島地裁で裁判員裁判が開かれる。

高校無償化法案の付則修正=公明の要求受け−与党3党(時事通信)
のぞみトラブル オイル漏れ感知せず(毎日新聞)
<空自官製談合>空幕長が「悪意なし」発言 会見後に訂正(毎日新聞)
切断ロープ残し自殺偽装=保険金1億数千万、5人で山分け−自衛官の夫殺害・宮城(時事通信)
【イチから分かる】日医会長選 政権との距離感で混沌(産経新聞)
[PR]

# by 1v2xwdjvla | 2010-03-11 18:15