五輪スノーボード 国母も決勝へ 男子ハーフパイプ(毎日新聞)

懸賞 2010年 02月 18日 懸賞

 バンクーバー冬季五輪第6日の17日(日本時間18日)、スノーボードの男子ハーフパイプ予選を行った。

【関連記事】五輪スノーボード:国母が入村式欠席 服装を注意され

 40人が2組にエントリーした予選に、日本勢は4人が出場。1組の青野令(松山大)は2位となり、決勝に進んだ。2組では服装問題で謝罪した国母和宏(東海大)が2位で決勝進出。工藤洸平(シーズ)は7位で準決勝に周り、村上大輔(クルーズ)は15位で予選落ちした。

 予選各組3位までは決勝進出。同4〜9位の12人で準決勝を行い、上位6人が決勝に進む。決勝は12人で行う。

【関連ニュース】
【関連記事】五輪スノーボード日本代表が現地入りした時の写真と記事
【関連記事】五輪スノーボード:連盟に抗議電話…国母“腰パン”に厳重注意
【選手名鑑】スノーボード
【観戦に役立つ】バンクーバー五輪:日付別、注目競技とテレビ予定

グリーンジャンボ販売、銀座で200人行列(読売新聞)
<裁判員裁判>初の「区分審理」決定…大阪地裁(毎日新聞)
「高値で売れる」と中国のゴルフ場会員権販売 詐欺容疑で11人逮捕(産経新聞)
<殺人>男性刺殺される…知人の男から聴取 青森県警(毎日新聞)
【党首討論】実母へのカネ無心疑惑「全くの作り話だ」と首相が改めて反論(産経新聞)
[PR]

by 1v2xwdjvla | 2010-02-18 20:17

<< なにわで「在阪華僑春節祭」 (...   <心臓移植>改正法間に合わず米... >>