保険金など2千万着服容疑、元郵便局長逮捕へ(読売新聞)

懸賞 2010年 02月 02日 懸賞

 顧客の満期保険金など約2000万円を着服したとして、静岡県警は浜松領家(りょうけ)郵便局(浜松市中区)の元局長の男(47)を業務上横領の疑いで28日にも逮捕する方針を固めた。

 郵便局会社東海支社は、元局長が顧客31人の貯金払戻金など総額7億2000万円を着服した疑いがあるとして、昨年5月に懲戒解雇し、業務上横領容疑で同県警に刑事告訴していた。

 捜査関係者によると、元局長は昨年2月、浜松市南区の60歳代女性から払い戻し請求を受けた簡易保険の満期保険金など1950万円を別の金融機関の自分名義の口座に移し替え、着服した疑いが持たれている。

 日本郵政グループは昨年12月、3郵便局とゆうちょ銀行千種店(名古屋市)で顧客の貯金の横領などが相次ぎ、被害総額14億6000万円に上ると発表したが局名は明らかにしなかった。

小沢氏「責任」言及 低姿勢貫き逆風回避 検察・マスコミ批判も封印(産経新聞)
パロマ中毒事故、初の和解…遺族側へ8600万(読売新聞)
子ども手当を未納給食費に充当、首相が検討(読売新聞)
「共通言語」としてのICFの在り方を議論(医療介護CBニュース)
モンスターペアレンツ対策Q&A…都教委配布へ(読売新聞)
[PR]

by 1v2xwdjvla | 2010-02-02 22:43

<< 携帯充電器マルチで逮捕=虚偽説...   入院患者の身体拘束 病院の措置... >>