「退陣は私の不徳のいたすところ」官房長官、総辞職に反省の弁(産経新聞)

懸賞 2010年 06月 07日 懸賞

 平野博文官房長官は4日午前の記者会見で、鳩山内閣総辞職を受けて、「国民から大きな期待をいただきながら、退陣に至らしめたことは、もっぱら私の不徳のいたすところ。改め責任を痛感する」と反省の弁を述べた。その上で「民主党政権が国民の信頼を回復するため、一議員として微力を尽くす」と語った。

 さらに、鳩山政権が目指した「政治主導」「脱官僚依存」については「『政治家主導』みたいな話にややもするとなり、霞が関と距離ができてしまった」と述べ、官僚の能力を生かし切れなかったとの認識を示した。

【関連記事】
この洞察力を政治に活かせれば…首相が見せた鳥へのこだわり
小沢王国に暗雲 地元奥州市、怒りと困惑交錯
菅氏、早くも“上から目線”!? 「小沢さん静かにしていて」
蜜月終わり懸念…中国、小沢幹事長辞任は「中日関係にプラスではない」
「鳩山辞任」財政にメス 景気動向、連立組み替えが鍵

菅次期首相週明けに組閣 「反小沢色」強まる(J-CASTニュース)
大学校名に「日本」 エジプトで開校式(産経新聞)
転居費詐取容疑、自称NPO代表逮捕へ(読売新聞)
<参院選>国民新党が公約発表(毎日新聞)
夏の訪れ告げる「とうかさん」 広島・円隆寺(産経新聞)
[PR]

by 1v2xwdjvla | 2010-06-07 22:05

<< <日本振興銀行>警視庁、銀行法...   「岡本ホテル」 預託金数億円が... >>