マガン 明けの空に飛び立つ影の群れ 北海道・苫小牧(毎日新聞)

懸賞 2010年 03月 27日 懸賞

 朝日が水平線に顔を出し、空がオレンジ色に染まる時刻、無数の渡り鳥が一斉に飛び立った。北海道苫小牧市のウトナイ湖には、国の天然記念物マガンが本州の越冬地から飛来している。

【写真特集】鳥の姿を見るなら 毎日動物園・鳥類別館

 今年は2月末に最初のマガンが飛来し、24日には7万羽を超えた。来月には約80キロ北の宮島沼(美唄市)に移動し、宗谷岬を経て、シベリアの繁殖地へ向かう。【木葉健二】

【関連ニュース】
【写真特集】かわいい動物たくさん 毎日動物園
【写真特集】水辺の生き物たちはこちら 毎日水族館
【写真特集】美しい日本の海 命あふれる水の世界
【写真特集】きれいな春の草花がたくさん 毎日植物園

<児童ポルノ>定義の厳格化求める 日弁連が意見書(毎日新聞)
皇太子ご一家、長野でご静養(産経新聞)
<おとり捜査>北海道に50万円支払い命令(毎日新聞)
<岡田外相>元駐日中国大使の王毅氏と会談 台湾政策で議論(毎日新聞)
元専務、遺族集会で謝罪=JR福知山線事故−兵庫(時事通信)
[PR]

by 1v2xwdjvla | 2010-03-27 12:38

<< 首相元秘書の初公判=偽装献金認...   普天間移設 沖縄・うるまで反対... >>