強盗殺人罪、男に無期懲役=仮釈放で慎重運用要請−裁判員「評議、重い空気」・長野(時事通信)

懸賞 2010年 03月 19日 懸賞

 長野県上田市の会社役員を殺害し、預金を引き出したとして、強盗殺人罪などに問われた鉄工所経営朝倉利明被告(50)の裁判員裁判で、長野地裁(土屋靖之裁判長)は18日、求刑通り無期懲役の判決を言い渡した。
 判決は「殺害方法は冷酷かつ残虐。遺体は産業廃棄物とともに埋められた。人格の尊厳を踏みにじる行為」と非難した。言い渡し後、土屋裁判長は「被告の刑事責任は極めて重く、その反省も十分とは言えない。被告に対する仮釈放の運用には相当慎重な配慮が必要」と述べた。
 判決後に会見した50代の男性は「(審理と評議は)深呼吸もできず、張り詰めて重い空気だった。何の罪もない被害者と残された遺族の悲しみを主に考えた」と話した。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
女性暴行6件、男に無期懲役=闇サイトで仲間、裁判員裁判
元Jリーガーを不起訴=少女わいせつ「事実なし」
長男殺害の男、二審も懲役12年=一審裁判員判決を支持
「強盗強姦罪成立しない」と上告=裁判員裁判初の性犯罪

「暴力団会長と兄弟分じゃ」 入院費を恐喝しようとした男逮捕 東京・竹ノ塚駅(産経新聞)
乳幼児殺傷、懲役22年確定へ=犯行時心神耗弱−最高裁(時事通信)
高校無償化 朝鮮学校、一転適用へ 教科書は金総書記の決裁必要(産経新聞)
主観的理由、規制せず 2次元児童ポルノ 都が緊急見解(産経新聞)
<地下鉄サリン>遺族が関係者取材、映像に 20日で15年(毎日新聞)
[PR]

by 1v2xwdjvla | 2010-03-19 10:50

<< <郵便不正事件>副検事が出廷、...   業績悪化でお花見も自粛 宴会な... >>