ワンコインタクシーが提訴「距離制限、高速含むのは不合理」(産経新聞)

懸賞 2010年 03月 03日 懸賞

 国土交通省近畿運輸局が大阪で営業するタクシーの走行距離を1日250キロまでに制限したうえ、高速道路を利用した距離を除外しないのは裁量権の逸脱に当たるとして、初乗り500円で運行するワンコインドーム(大阪市西区)など3社が1日、国に制限の取り消しを求める訴えを大阪地裁に起こした。2月にも別の5社が同様の提訴をしている。

 訴えによると、近畿運輸局は昨年12月、日勤で乗務する運転手の乗務距離を1日当たり250キロに制限。東京と名古屋は270キロ、広島は260キロまで認められているうえ、高速道路の利用分はいずれも除外されているという。3社は「大阪−京都を2往復すれば3〜4時間の運転で営業が終わる。初乗り500円を狙い打ちにした不合理な規制だ」と主張している。

【関連記事】
500円タクシー認可継続認めず 近畿運輸局「適正な給料ムリ」
乗務距離制限で提訴へ 500円タクシー、大阪
ワンコイン業者、距離制限で運輸局に質問状
格安タクシー協会が抗議「日勤距離250キロ規制、根拠を」
格安タクシーいじめ?事故防止? 乗務距離“制限”へ新基準

「不当な差別」と朝鮮学校側=無償化除外で会見(時事通信)
<生物多様性国家戦略>「絶滅の恐れ」増やさぬ 政府改定案(毎日新聞)
政治利用防止のルールは示さず 天皇の公的行為で政府見解(産経新聞)
DJ HICO
政調復活せず、政策会議活性化へ=副長官、副幹事長が一致−民主(時事通信)
[PR]

by 1v2xwdjvla | 2010-03-03 22:02

<< <チリ大地震>義援金送金 ゆう...   津波 高知も警報解除 気象庁(... >>